TEL

脊柱管狭窄症 | 栗東市で腰痛・膝痛・むち打ち施術が評判 | ひらく整骨院栗東院

お問い合わせはこちら

脊柱管狭窄症


 


 

このようなお悩みはありませんか?

このような症状があれば、お気軽に栗東市のひらく整骨院までご来院ください。
脊柱管狭窄症は、背骨の真ん中にあるトンネル状の空間で、中に脊髄が通っています。
この脊柱管が狭くなる疾患を、「脊柱管狭窄症」と呼んでいます。
中の神経が圧迫されて、しびれや痛みなど引き起こしてしまうのです。
主に50歳以上の方にも起こりやすい傾向があり、女性より男性に圧倒的に多いです。

なぜ脊柱管狭窄症が起きるのか?

脊柱管狭窄症になってしまう原因の多くが、「加齢」であり、老化現象と言えるでしょう。
脊髄の変形や椎間板の腫れ、黄色靱帯の肥厚などで脊柱管が狭くなってしまい、血管や脊髄が圧迫されて発症してしまうのです。

高齢者に多く、若い時期に重いものを持つなどして、腕や手に大きな負担がかかってしまった経験が多いと、脊柱管狭窄症になる確率は上がってしまうでしょう。

もしも気になる症状があれば、栗東市のひらく整骨院で原因をしっかり追求していきます。

注意!脊柱管狭窄症の他に腰部脊柱管狭窄症がある?

腰が重い、痛い、脚がしびれる、残尿感などの違和感があれば、脊柱管狭窄症のケースが考えられます。
痛みが続いて長時間続けて歩くことも困難になってしまうことがあります。