TEL

変形性股関節症・股関節の痛み | 栗東市で腰痛・膝痛・むち打ち施術が評判 | ひらく整骨院栗東院

お問い合わせはこちら

変形性股関節症・股関節の痛み


 

 



 

このようなお悩みはありませんか?

股関節が痛くて歩行しにくいなど、日常生活に支障をきたしている人、痛みがなかなかとれず、慢性化している人などは、ぜひお気軽に栗東市のひらく整骨院までご相談ください。

当院では、栗東市のひらく整骨院にも対応しており、一人ひとりの状態に合わせて適切に施術していきます。

股関節の痛みは下半身の付け根の部分にかけて発生しますが、太ももやひざの方に痛みが分散されることもあります。

関節の動きも悪くなってしまい、下半身の長さに相違が出てしまう場合もあります。

なぜ変形性股関節症が起きるのか?

変形性股関節症は、股関節の様々な原因で軟骨の変性・摩耗など、「股関節の破壊」が発生すると共に、関節を安定させるために増殖した「骨棘(こつきょく)」を特徴とします。

注意!変形性股関節症の裏に隠れている病気

変形性股関節症の原因には、病気が隠されている場合もあります。
それは二次的な股関節症の場合です。
臼蓋形成不全や結核、骨髄炎などの感染後、関節リウマチや成人の骨壊死疾患、代謝性疾患、外傷後、関節内遊離体など様々な原因が背景として考えられます。

 

股関節の痛み

このようなお悩みはありませんか?

上記のような症状があれば、お気軽に栗東市のひらく整骨院までご相談ください。
股関節はとても大きな関節です。体重を支えてくれ、またぐ、上る、降りる、立つ、歩くなどさまざまな動作を担っています。

しかしながら、股関節に障害が出てしまうと、動く時に痛みを感じるようになり、深刻になると立っているだけでも股関節が痛むようになるでしょう。
動きもにぶくなってきます。

なぜ股関節痛が起きるのか?

日常生活にとって、過度な負担が股関節にかかってしまうことで、股関節痛になってしまうことがあります。

栗東市のひらく整骨院でも股関節痛の対応をしており、原因をしっかり見極めながら股関節痛の施術を行っていきます。

注意!股関節痛の裏に隠れている病気

股関節痛の裏には、「変形性股関節症」が隠されている場合があります。
臼蓋と骨頭の表面を覆っている軟骨がすり減ってしまい、軟骨の下の骨がむき出しになり、

表面は凹凸となり、一部はかたくなってしまいます。
成人の股関節疾患の中で最も多く見られるもので、高齢者の方に多く、最近増加してきています。